ペールオレンジってどんな色?いつの間にか肌色がなくなっていた話

絵の具
4月から次男は保育園の年中さんになりました。
この時期、お子さんがいる家庭では持ち物に全部名前を書きますよね。
これが本当に大変!

かばんやノートなど大きな物はまだ良いとして、クレヨンや絵の具は1本1本書かなければいけません。
そんな時、初めて見る ”色” の名前が出てきました。

そこで今回は、息子の持ち物に名前を書いていたときの事について書いていきます。


聞いたことがない色「ペールオレンジ」

昨夜、妻と持ち物に名前を書いていました。
一通り、名前を書き終えて妻がシールを絵の具に貼り付けようとした時のこと。

くろ・・・はい、OK
あか・・・はい、OK
あお・・・はい、OK
きいろ・・・はい、OK
ペールオレンジ・・・???

聞いたことがない色が出てきました。2人で思考停止状態。

「ペールオレンジ」ってオレンジ色の絵の具に貼ったらイイんよね?


ちょっと待て!
こっちに「だいだいいろ」のシールがあるけど!?

明らかにオレンジ色の絵の具と、肌色の絵の具があったんです。

「だいだいいろ」と書かれたシールは、オレンジ色の絵の具に貼って間違いないだろうと思いつつ、ネットで調べてみました。

いつの間にか「肌色」が「ペールオレンジ」に変わっていた

自分が保育園児・小学生の頃には間違いなく「肌色」といっていたものが、今では名前が変わっていたんです。

さらに調べてみると、メーカーによって「肌色」という呼び方を廃止した時期、それに代わる呼び方があることが分かりました。
  • ペンテル:1999年に廃止、「ペールオレンジ」に変更
  • 三菱鉛筆/サクラクレパス/トンボ鉛筆:2000年に廃止、「うすだいだい」に変更
恥ずかしながらこの事実を昨日、初めて知りました。
(長男の持ち物に名前を書く時には、すでに呼び方が変わっているにも関わらず、見なかったような気が......。)

ちなみにペールオレンジはこんな色です。↓
https://wallpaper.vip-jp.com/html/code/201.html

「肌色」が「ペールオレンジ」に変わった理由

絵の具に限らず、色鉛筆やクレヨンから「肌色」がなくなった理由は、「人種差別」に当たるからと言われているそうです。

黒人の方、白人の方でも ”肌”の色は違います。また、日本人でも、色白の方もいれば、色黒の方もいます。

例えば、もし、息子が色白だった場合、先生から「絵の具の肌色を出しましょう!」と言われると「白」を出すかも知れません。
反対に色黒だったら、「茶色」を出すかも知れません。

よくよく考えてみると、確かに「肌色」という色には違和感がありますね。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
小さい頃から使っていた「肌色」の呼び方が変わっていることに、本当にビックリしました。

色の呼び方に限らず、昔と今では変わっているものが他にもあると思います。
そう遠くない将来、「肌色」が通じない時代がやってくるんでしょうね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿